生理痛・PMS

  • 冷え性で手足の冷え・内臓の不調・生理不順がある
  • PMS(月経前症候群)で倦怠感・身体のだるさがある
  • のぼせ・多汗・めまいなど、更年期症状に悩んでいる
  • 生理前・生理中に、とにかくイライラしてしまう
  • 生理の時にお腹が痛いだけでなく、頭痛や腰痛がする

なぜこんな症状が起こるの?|仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院

さかえ鍼灸接骨院の院長女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、熱エネルギーが多く発生するわけではありません。
そのため、筋肉や熱量がうまく使えていなかったりすると、身体が冷えてしまうことになります。

また、ストレスによって熱を発する胃腸の調子が悪くなり、おなかが冷えてしまい、冷え性という身体の不調につながることになってしまいます。

これを我慢していると、不妊につながったり全身倦怠感、頭痛、怒りっぽい、イライラする、なんだかわからないけど涙が出てしまうといった情緒不安定な「うつ」の予備軍になってしまったりします。

まずは違いを実感!|仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院

仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院の院長が身体の検査をしている様子鍼灸治療には身体全体の気の流れをよくする効果があります。
身体全体の気の流れがよくなると、冷えが改善されバランスよく体のコリや痛みを取ることができます。
ですから、お体の検査を行い、整体を行い、足とお腹に鍼治療を行い自律神経を整えていきます。

なぜ、生理痛に自律神経が関係するかというと、女性ホルモンと自律神経は脳の同じ場所での支配下にあります。
ですから、どちらか一方に支障が出るともう片方も影響を受けることになるのです。

自律神経が整うと女性ホルモンの分泌も正常になりますから、女性特有の悩みからも開放されることになるのです。

また、自律神経が乱れることにより血液の収縮にも異常が生じ、血行が悪くなります。
生理中は骨盤が開くため、まわりの血管を圧迫し血行が悪い状態になっています。

そこにさらに自律神経の乱れによる血行不良が生じると、より体が冷えることになり、更なる生理痛を引き起こすことになってしまいます。

当院では、着替え、術着も用意していますから、お仕事帰りでも安心して来院していただくことができます。
また、午前中であれば、お子様連れでの来院も可能です。

生理痛・PMS治療の来院時期について

仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院腰の治療を受けている患者さんの写真PMSの症状は生理前の約10日前後から出現し始めます。大事なのはPMSの諸症状が出る前に鍼灸治療を行う事です。
生理中は身体が過敏になることもあり、そのうえ感情や身体がうまくコントロール出来ないために来院することすら苦痛になってしまうことがあります。
ですので、生理が終わりに近づいた時が治療のタイミングです。次の生理で症状が出る前に治療を行ってください。

このタイミングから1回、2回ではなく症状にあわせて3ヶ月をめどに定期的に通っていただくことをオススメしております。
生理痛・PMSを改善する一歩となるためにも、仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院の鍼灸治療をお試しください!