交通事故治療・むちうち

  • 交通事故に遭ってから、ずっと首が痛い
  • 手のしびれが取れず、箸やペンが持てない
  • 病院での交通事故治療に満足できていない
  • 仕事終わりや土曜に交通事故治療で通える治療院がなかなかない
  • 最初はあまり感じていなかったが、交通事故から少したってから痛みが出てきておさまらない

なぜ、こんな症状が起こるの?|仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院

交通事故の時の痛みは特異なもので、はじめは感じていなかったのに、数日経過してから、ある時には数週間してから、痛みを感じるようになることがよくあります。

痛みや刺激をキャッチする受容器(センサー)が関節にあるのですが、交通事故時に受容器がキャッチした痛みや刺激が大きすぎると、痛いままの興奮状態が治まらず、症状が改善されない、またひどくなったように感じるといったことが起こります。

また、整形外科などでレントゲンには写らない部分に異常があると、しっかりした治療も受けられないまま、痛みや不快感を我慢し続けないといけなくなってしまうのです。

そのため、「他の病院や治療院では効果が無かったから」と、当院での鍼灸治療を選ばれる方がいらっしゃいます。

即効性のある治療|仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院

厚生労働省認可の国家資格者がいる当院は、自賠責保険の適用が可能です!

交通事故治療の場合は、自賠責保険が適用されれば接骨院でも自己負担なく治療を受けることができます。
病院・整形外科で納得のいく治療が受けられていない方、即効性のある治療を受けたい方は、病院・整形外科と併用して通院することも可能です。

仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院の交通事故治療

ちくちく療法当院では、手技や一般的な電気治療はもちろんですが、痺れに効果の高い鍼治療、またチクチク療法を行います。

チクチク療法とは、和歌山クリニックの長田先生が開発した治療法で痛みに対し即効性があり、とても効果の高い治療法です。

聞きなれない言葉ですが、デルマトーム理論という理論に基づいていて、何番目の脊髄がどこの皮膚分節に関係しているか、治療のポイントを説明している理論です。
その治療ポイントに基づいて、例えば頚椎の6番目と7番目を刺激すると、手の痺れが改善されることになるのです。

ピンセットのようなもので患部を刺激するのですが、一瞬チクッとはしますが血が出ることもありませんし、飛び上がるほど痛いものでもありません。
痛みの受容器に直接アプローチし関係する神経の興奮が収まる作用があります。
整形外科とは違い、悪い部分に直接手でふれることができるので効果が違います。

交通事故治療・むちうち治療は悩まずにぜひ仙台市若林区さかえ鍼灸接骨院へ!

当院は完全予約制でお待たせしません。
夜は最終受付が7:30ですが、お時間はご相談に応じさせていただきます。
駐車場もございますので、長引く事故の痛みにお悩みでしたら、ぜひ一度お電話ください。