糖質制限・さかえ鍼灸接骨院 仙台市若林区 はり・きゅう

2018年02月15日

こんにちは、さかえ鍼灸接骨院です。

昨日はバレンタインデーでしたね 😳 ♡♥

日本では一年で一番チョコレートが消費される日( ^ω^)♥

皆様も口にする機会が多くなると思います 😀 

ですが!チョコレートなど甘いものを多量に摂取すると

エネルギーが使われないので脂肪となって体に蓄えられてしまいますので注意です 😐 

それと…

当院でも取り入れている、チクチク療法の長田先生が

食べてはいけないものと定義しているものがあります。

・乳製品

・カフェイン

・オメガ6系の油(サラダ油です)

・小麦などの炭水化物(つまりは糖質)

↑これらはすべてアレルギーを起こす可能性のある食べものなのです。

アレルギーの症状が出ない方でも身体にとっては害のある物といえます。

 

糖質など、これらの食品の取り過ぎは、痛みや不調の原因となります。

少し前に糖質制限がダイエットとしてテレビや雑誌で取り上げられて流行っていましたが、糖質制限の本来の目的はダイエットではなく健康な体を取り戻すことにあります。

糖質を控え健康な体を取り戻すことにより、痛い所や身体の不調が解消される場合があります 😉 

何か痛みが続いてしまっている…最近調子が悪いそんな時は糖質制限をしてみるのも大事な方法だと思います。

それでも痛みが続く場合は、是非当院にご相談ください!

はり・きゅう治療やチクチク療法で不調を解消しましょう 😀 

いつか治るだろうと、我慢していると症状が長引てしまいます!

ですので、なるべく早めに治療をはじめるのをオススメしいたします 😛 

”早めの治療が解決策” です☆

 

針供養の日・さかえ鍼灸接骨院 仙台市若林区 はり・きゅう

2018年02月8日

 

こんにちは!さかえ鍼灸接骨院です。

 

本日、2月8日は針供養の日ですね 😉 

 

この日は裁縫をお休みし、お世話になった縫い針を供養し感謝する日です。

豆腐や、こんにゃくなどの柔らかいものに針を刺し、

それを神社に納め、針仕事の上達を祈願するそうです 😉

↑見た目にもアートのようで綺麗ですよね♪

 

針供養について少し調べてみたのですが、平安時代から始まった風習で

江戸時代に全国へと広がっていったと考えられているようです。

一説では、“生まれた土地の神様を祀る日には、針仕事を休む”という意味をもつ

「社日(しゃにち)に針線を止む」という中国の習わしが起源になっているようです。

さらに日本では、古くから12月8日と2月8日を「事八日(ことようか)」と呼び、事を始めたり納めたりする大切な日としていました。こうした風習が結びついて、

地域によってどちらか一方の日、もしくは両日に針供養が行われるようになったそうです。

 

 

はり違いですが、 仕事ではりを使う私たちも鍼に感謝し、

鍼治療の普及率アップと治療の上達をを祈りたいと思います 😛 !

 

こういった、昔からの風習がずっと残っているのは

日本らしくていいですよね 😛 

おかげさまで、8年目に突入いたしました!さかえ鍼灸接骨院 仙台市若林区 はり・きゅう

2018年02月5日

こんにちは!さかえ鍼灸接骨院です。

本日よりさかえ鍼灸接骨院は8年目に突入いたしました 😀 

これもひとえに皆様のご理解、ご協力のお陰です 😛 有難うございます!

震災の1か月前に開業、そして震災、そこから2、3年はあっという間に過ぎてしまいました。

苦しい人にはり・きゅう治療を届ける、困ったら鍼灸治療を。そんな身近な鍼灸治療を目指しやってまいりました。

お陰様で最近は、来ていただいている患者様や新しく来て下さる新患様にも当院の鍼灸治療を理解して下さり、より良い鍼灸治療が実践できております。

 

近年、鍼灸治療は沢山の研究の末、昔はよくわからなかった効果がしっかりと出すことが出来るようになってきております。

一人で悩まず、私に辛い思いを聞かせてください!必ず、良い解決策が見つかるはずです。

早めの治療が解決策です 😉 

まだまだ力不足ではありますが、少しでも患者様の悩みに応えられるよう勉強し頑張ってまいります!

8年目!宜しくお願いします 🙂 

❆大雪にご注意ください❆ さかえ鍼灸接骨院 仙台市若林区 はり・きゅう

2018年01月22日

こんにちは、さかえ鍼灸接骨です。

季節は大寒を迎えましたね!

本日22日から23日にかけてとても冷え込み

関東と東北地方には大雪警報が出されていますね 🙄 

帰宅時間が大雪のピークになるとニュースで言っていました(>_<)!

お昼のニュースでは、東京の方で地面に薄っすら雪が積もっていましたが

仙台市にも少し雪が降ってきましたが、どのくらい雪が積もるでしょうか?

帰宅の際、積雪や路面の凍結などでお転びになりませんように

足元にお気を付けくださいませ。

もし、ツルッといってしまって足首や、お身体のどこかを捻ってしまったら、まず

痛めてしまった箇所を動かさないように圧迫、固定!をしてください!

圧迫して固定をすることによって、痛みの原因となる体の内側で起こる

出血を抑えることが出来ますので、この初期処置をすることによって治り方が全然違います!

なので、まず圧迫固定をしたら、なるべくお早めに当院に見せにきてくださいね。

もちろん当院以外の接骨院や整形外科でも大丈夫ですよ♪

治療院は近いに越したことはありません!

ちょっと捻っただけだし…と放置してしまうと、靭帯が伸びたままになってしまい後々関節が不安定になってしまったり 🙄 なかなか痛みが取れない:-? 

ということもありますので、すぐに治療してください!

何はともあれ、皆様お気を付けてお帰り下さいませ! 😀 

ケガの治る時間帯・さかえ鍼灸接骨院 仙台市若林区 はり・きゅう

2017年12月19日

こんにちは!さかえ鍼灸接骨院です。

少し前にネットニュースを見ていたらこんな記事がありました。

アメリカの医学雑誌に掲載されたものです。

どういった内容かと言いますと、「傷の回復速度を制御する体内時計が、日中のほうがより効果的に機能する」といった内容のもので、

要は「夜間の傷は治りが遅い」といったものでした 😯

火傷の患者を対象に調査したもので、夜間に火傷した人のほうが午前に火傷した人が完治するまで平均11日も多くかかったそうです。

日中のケガのほうが圧倒的に速く治るみたいです 😀 

これを我々、はり・きゅうや接骨院の業務であるケガに当てはめて考えてみると、ギックリ腰や寝違いが該当するのかなと 🙄 

ギックリ腰なんかは日中のほうが多いので、早めに治療すると長くても3日くらいで支障がなくなります。

しかしながら寝違えなどはなんとなく直りが遅い気がします。所感ですが 笑

これも体内時計に関係しているのではないかと考えてしまいます 😉 

もちろん程度にもよるとは思いますけどね。ケガはしないのが一番です 😀 

どちらにせよ、やはり早めに寝る!が、長引くケガの予防策として一役買うのではと思う記事でした。

 

 

<さかえ鍼灸接骨院の治療理念>

当院は急に痛くなった、なかなか良くならない症状等に対して、はりやお灸治療を中心に施術にあったております。

はり・きゅう治療のみではなく手技療法やチクチク療法といった治療法を組み合わせ、患者様一人一人の症状にあったオーダーメイドの治療を行っております。

はり・きゅう治療の恐い、痛い、高い、効かない…そういった、ネガティブなイメージを変えるべく、日々の治療にあったっており、初めての方でも安心して治療を受けてもらえるよう取り組んでおります。

本当にこのままでいいのか、何処に行っていいかわからない、そんな患者様の選択肢になればと思っております。

悩まず、ご連絡ください!早めの治療が解決策です!!