喉のつかえ、胸の圧迫感・さかえ鍼灸接骨 仙台市若林区 はり・きゅう

2018年02月3日

こんにちは!さかえ鍼灸接骨院です。

先日、婦人科疾患の手術後の患者様が来院されました。

主訴は喉のつかえ、胸の圧迫感です。 😥 

この症状のせいで仕事もままならず、日常生活にも影響が出ていました。

病院の先生に相談したところ自律神経の乱れによるものではないか?と説明をされ、様子を見ながら薬を増やして…という事でしたが、術後のせいもあり薬の量も少なくなく、効くかもわからない薬が増えていく事に不安を覚え来院されました。 😐 

東洋医学では「梅核気」と呼ばれ喉の気の流れが滞って…等々説明されていますが、当院ではこういった症状は病院で言われた通り、自律神経の乱れによるものであると理解して施術にあったております。

中々伝わらず、多くは知られてはいませんが、はり・きゅう治療は自律神経の乱れを調節するのにはとても効果的な治療法です。 😛 

二回目のはり・きゅう治療後、患者様が治療が終わった後、家に帰ると唾が沢山出たと報告がありました。 😯 

こう言った自律神経による症状だった場合、自律神経の調節が上手くいくと唾が出るといった身体の反応があります。

以降患者様の喉のつかえ、胸の圧迫感はどんどん軽減していき5回目にはすっかり感じなくなり、治療は終了となりました。

今回は喉や胸の圧迫感と言った症状が出ましたが、自律神経が乱れると患者様により様々な症状が現れます。

原因が分からない、なかなか改善されないといった症状の中に自律神経が影響してるものがあり実はとても多いのです。

どうしたらいいか分からない?そんな症状、もしお悩みでしたら是非当院にご相談ください。 🙂 

当院のはり・きゅう治療で、改善しましよう!